忍者ブログ
[30] [28] [27] [26] [25] [24] [20] [19] [18] [17] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

龍が如く(劇場版)は、ゲーム等で有名な「SEGA」の映像プロジェクト。
18歳以上対象ソフトなのに170万本と大ヒットを記録したプレイステーション2専用ゲーム「龍が如く」シリーズを壮烈な群像アクション大作として映像化した。(今は17禁)
監督:「着信アリ」「妖怪大戦争」「殺し屋1」を手掛けた異才・三池崇史。脚本:「交渉人・真下正義」の十川誠志。主演は「皆月」「血と骨」の北村一輝。 岸谷五朗、塩谷 瞬、サエコ、夏緒、加藤晴彦、高岡早紀、哀川 翔、コン・ユ、松重豊、田口トモロヲ、遠藤憲一、荒川良々、真木蔵人、塩見三省。ゲームの映像化にしては
かなり贅沢なスタッフ&キャストだ。またエンディング及び挿入歌はクレイジーケンバンド。

まずPS2の「龍が如く」は僕の中では95点を記録する超オススメゲームだ。かなり面白い。
手短に説明すると現代の日本を舞台に、義理と人情をモットーとするヤクザを主人公としたいわゆる「任侠モノ」。練り上げられたシナリオ「消えた100億円」を軸に繰り広げられるアクション・アドベンチャーゲーム。

これだけだと普通だが「ただ話が面白いゲーム」ではない。
欲望と暴力の渦巻く巨大な歓楽街「リアルに再現された歌舞伎町」を自由に楽しむことができるのだ。
一例を挙げるとコンビニ・ドンキホーテ・牛丼(松屋)・ラーメン・BAR・ファーストフード・ジェラートショップ・マッサージ・キャバクラ・ショーパブ・ホストクラブ・ソープランド・ゲーセン・バッティングセンター・パチスロ・賭場・バカラ・ルーレットなど、まさに眠らない街を裏まで体験できるのが面白い。

また声優陣として渡哲也、三原じゅん子、藤原喜明、ケイ・グラントなど豪華。
あと歓楽街の渡世は話し合いだけですまない、どうしても拳での話し合いが必要になるのだが、これもよく出来ていて周りのモノ(ポリバケツ・看板・テーブル・椅子・ソファ・自転車・ゴルフクラブなど)でも攻撃できる。

どうだろう?かなり簡単に説明したが「やってみたい」と感じた方や興味を持たれた方がいるのではないだろうか。
ちなみに「龍が如く2」では道頓堀や通天閣と舞台も増え、同伴アフターも可能・個室ビデオ・ニューハーフパブ・ゴルフ・ボーリング・麻雀・将棋・キャバクラ経営まで可能になり、よりリアルにさらにディープに作りこまれている。
※映画・ゲームでは歌舞伎町→神室町。道頓堀→蒼天堀。

詳しくは
sega.jp/ps2/ryuga/
ryu-ga-gotoku.com/2005/

ほとんどゲームの説明になってしまったが映画の方はゲームに似ているが、そもそもゲームがリアリティを追求したものであり実写が出来て当たり前。こんなにも作りやすい映画にもかかわらずゲームの練り上げられたストーリーを捨ててしまい妙な事や余計な事を増やし、せっかくの面白いストーリーを捻じ曲げすぎてVシネマ以下にしてしまったのでは何のために映画にしたのかわからないし一般の方はもちろんゲームのファンまで納得いかない。平凡な任侠映画にしてしまっても面白くないかもしれないし気持ちもわかるが、普通に「ただ話が面白い映画」でよかったと思う。

オフィシャルの映画概要がコレ↓
かつて「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬が、
刑期を終えて10年振りに戻って来た。それを機に、まるで止まっていた歯車が動き出したかのように、街で事件が多発する。消えた100億円、立てこもる銀行強盗、最愛の人・由美や恩人・風間の失踪、謎の韓国人の出現、強盗を企てるカップル、無二の親友・錦山の裏切り…。そんな時、桐生の前に、母を探す少女・遥が現れる・・・

かなり唐突な内容の連続で最終的に各ストーリーが収束するという手法だがうまく収束出来ていないし、それぞれが雑すぎて話がつまらない。「刑期を終えて10年振りに戻って来た」「100億が消えた理由」「最愛の人」「無二の親友」「国家の危機」など、かなり説明不足。描かれてもいないところもある。

正直なところ、あまり良い出来栄えではなかった。あえて褒めるべきは岸谷五朗の怪演だがこれはすばらしい!点数のほとんどが彼の演技力だ。ゲームでのキャラクターそのままのキレた狂気の極道役をノリノリで好演している。もう一度観たいぐらいだ。もし、これから見る方はゲームをプレイしており予めストーリーを熟知し、キャラクターの奇抜さや独特のギャグを受け入れられる方でストーリーではなく岸谷五朗の怪演に期待して観に行ってほしい。
決して任侠映画ではなくコメディ系のアクション映画である。

最後に同じ監督が、この映画で語られるより前の話ビデオ映画版「龍が如く-序章-」もあるが、これもオススメできない残念なモノに仕上がっている。
僕としてはこの映画は観てもらいたい。その上で高評価するゲームのほうを是非プレイしてもらいたい

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
嫌われ松子見ました。正直、良かったです。
私の評価は90点です。ハマラない人は0点でしょう。しかもハマラない人の方が多いと思います。
NONAME 2007/03/14(Wed)12:50:56 編集
管理人
ハマりましたかー。しかも高得点!
このレビューが少しは役に立っていれば良いのですが・・・

観終わったあと何だか疲れませんでしたか?
僕は疲れたし妙な余韻が残ってなんとも言えませんでした。
【2007/03/14 20:07】
無題
龍が如く(ゲームの方)おもしろいですよね! うちでも(ダンナが)ハマッてますよ~。でも連日ゲームし過ぎで、そろそろ時間制限しようかと悩んでおります・・
PEACH 2007/03/20(Tue)01:12:12 編集
管理人
飲みすぎ、食べすぎ、ゲームし過ぎなど、なんにしても「~過ぎ」って良くないですよね。僕は「映画観過ぎ」よりも「浪費し過ぎ」で制限されそうです・・・
【2007/03/20 09:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新CM
[11/06 じゅにあ]
[10/14 通りすがり]
[06/27 ぷらっちっく]
[06/26 じゅにあ]
[06/19 ぷらっちっく]
プロフィール
HN:
じゅにあ
性別:
男性
趣味:
模型・映画鑑賞・チャリンコ・ゲーム・神社仏閣めぐり
自己紹介:
主に夜中に活動するインドアインサイダー。ストレス溜まってます。ガンプラは1/144やHGを中心に「雑」に制作。でもガンプラ以外もたまにやります。できるだけ更新していきますが一応不定期更新ブログです。まぁ「雑」な性格ですから生暖か~い目で見てやって下さいな。

似顔絵はツカエルサイトで作成しました。
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]